公演情報

鑑賞能 「鉄輪」のご案内

秋も深まってまいりました。京都は紅葉が真っ盛りですね。そんな京都の奥座敷、鞍馬山の貴船神社を舞台とした鑑賞能「鉄輪」と和文化の未来を語るシンポジウムのご案内です。(平成28年度港区文化・芸術サポート事業)

  • 日時 平成27年2月17日(金)
  • 場所 水道橋 宝生能楽堂
  • 開場 17:30 開演 18:30
    ・能「鉄輪」18:30~19:30
    シテ 関 直美 ワキ 宝生欣哉
    笛  一噌幸弘 小鼓 大倉源次郎 大鼓 亀井広忠 太鼓 観世元伯
    後見 宝生和英 東川光夫 地謡 辰巳満二郎ほか
    ・休憩 19:30~19:50
    ・シンポジウム 「和文化の未来」19:50~21:10
    パネラー 邦楽演奏家 吉住小三代、日本画科 手塚雄二、茶道家 金澤宗維、能楽宝生流宗家 宝生和英
  • チケット 5,000円 全席自由 (港区民優待 4,500円)

チケットのお申込みは、チケットの種類と枚数を明記の上、こちらからお問合せください。

能楽 鉄輪1 関直美  能楽 鉄輪2 関直美


港区文化・芸術サポート事業 「和文化の融合」五感を磨く日本の伝統文化体験のご案内

お能と様々な伝統文化との関わりを知り、視・嗅・聴・味・触の5つの感覚を駆使して感性や創造性を磨くイベントです。
第一線で活躍されている講師の方々をお招きしてのワークショップを通じて、お能と和文化の融合をご体感下さい。

2016年10月10日(月・祝)          プレイベント           西麻布 石橋庵 無料
2016年11月12日(土)                 華道                     西麻布 石橋庵 5,000円
2016年12月9日(金)                   茶道                     西麻布 石橋庵 3,000円
2016年12月18日(日)                 香道                     西麻布 石橋庵 3,000円
2017年1月22日(日)                   能楽堂ツアー      宝生能楽堂           3,000円
2017年2月15日(水)                   能楽囃子              宝生能楽堂           3,000円
2017年2月17日(金)                   鑑賞能「鉄輪」   宝生能楽堂        5,000円

お申込みは、ご希望のイベントを明記の上、こちらからお問合せください。

港区伝統文化体験日本語表 港区伝統文化体験中面

 


千代田区文化事業「お能を体験してみよう」 発表会・鑑賞能のご案内

2016年1月より開講しておりました千代田区文化事業「お能を体験してみよう」の発表会および鑑賞能が下記の通り開催されます。千代田区の事業ではありますが入場無料ですので、普段能楽堂に来られる機会のあまりない方々にも、この機会に足を運んでいただけますようご案内申し上げます。

と き 平成28年3月20日(日) 開場 12時半 開演 発表会 13時 鑑賞能15時
ところ 水道橋 宝生能楽堂

鑑賞能 「羽衣」盤渉 出演 シテ 関直美 ワキ 野口能弘
笛  一噌幸弘 小鼓 住駒充彦
大鼓 佃良太郎 太鼓 小寺真佐人

    千代田区鑑賞能


千代田区文化事業助成 「お能を体験してみよう」のご案内

初心者の方のための謡曲・仕舞の体験型ワークショップです。

敷居が高いと思われがちなお能ですが、実際に体験する事によって色々な事がみえてきます。色々な謂れや作法をやさしく解説しながらすすめていきます。楽しくお能の世界を体感してみましょう。

開講式     2016年1月12日(火) 16時より 千代田区六番町 紫山会館
ワークショップ 1月12日から3月15日までの毎週火曜日 千代田区六番町 紫山会館
発表会・公演  2015年3月20日(日) 13時より 水道橋 宝生能楽堂

参加費     10,000円


能楽ワークショップ 
能楽ワークショップ申込書

受講のお申込みは、こちらからお問合せください。


宝生流 立春能のお知らせ

女流能楽師による宝生流立春能が下記の通り開催されます。演目は、能「西王母」「雲林院」「雲雀山」「石橋」の4番と、狂言「鐘の音」「左近三郎」の2番です。
当団体の主宰の関直美が「西王母」のシテをつとめます。桃の異名ともいわれている西王母とは、不老不死の仙桃を司る天界の仙女の事です。その西王母が三千年に一度花咲き実なる仙桃を帝に捧げるため天より耒臨し、妙なる姿で美しき舞を舞い、いつしか天上へと消えてゆくという、新春にふさわしいおめでたい能です。

また、今回は披きといわれる宗家より特別に許しをいただいた「石橋」も上演されます。厳寒の中ではありますが、新しく迎える春を寿ぎつつ、ご鑑能いただければ幸いに存じます

 

と き 平成28年2月7日(日) 正午始

ところ 水道橋 宝生能楽堂

チケット 一般 5,000円 学生 2,500円

立春能 能楽2016年2月 宝生能楽堂 立春能番組 宝生能楽堂

 

皆様のご来駕、心よりお待ちしております。

チケットのお申込みは、チケットの種類(一般・学生)と枚数を明記の上、こちらからお問合せください。


1 / 212