宝生会主催 春の女流能のご案内

平素は 格別のご高配を賜りましてありがとうございます。
3/28(日)に宝生能楽堂にて「春の女流能」を開催いたします。

また今回、主宰の関直美は『藤』と『船弁慶』の地謡を務めます。皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

【会場】宝生能楽堂

【開演】 12:00 (11:00会場)

【チケット代】一般 5,500円(税込) 

       学生 2,750円(税込)

チケットは当日、会場にて受け取りとなりますが、郵送ご希望の場合200円頂戴いたします。

お問い合わせ・販売】 伝統の橋がかり http://hashigakari.org/contact/

            伝統の橋がかりpeatix  https://hashigakari-hou1.peatix.com

※防疫のため、当日券の販売はございません。

〇情勢によって、客席数の制限をさせて頂く可能性がございます。
・開場前の混雑を避けるため、誘導にご協力ください。
〇防疫へのご協力をお願い致します。
・入場時、非接触型温度計による検温およびアルコールスプレーによる手指消毒を必ず行って頂きます。
・マスクの着用を必ずお願い致します。
・お客様同士の距離をとるため、一部お座りいただけないお席がございます。
・見所とロビーでのお食事、お弁当などのお持ち込みもご遠慮ください。
・開演前後や休憩時間には、不急の会話はお控え下さい。
・スタッフはフェイスガードまたはマスクを着用しております。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はコロナ禍にもかかわらず、私ども伝統の橋がかりに対しまして、多大なるご支援を賜りましてありがとうございました。

新しい年は、厳しい状況の中で迎える事となりました。しっかりとした感染対策を怠らず、憂いのない状況の下において、伝統文化の普及継承につとめてまいりたいと存じております。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますとともに、本年も何卒変わらぬご支援を賜りますよう御願い申し上げます。