鑑賞能 「鉄輪」のご案内

秋も深まってまいりました。京都は紅葉が真っ盛りですね。そんな京都の奥座敷、鞍馬山の貴船神社を舞台とした鑑賞能「鉄輪」と和文化の未来を語るシンポジウムのご案内です。(平成28年度港区文化・芸術サポート事業)

  • 日時 平成27年2月17日(金)
  • 場所 水道橋 宝生能楽堂
  • 開場 17:30 開演 18:30
    ・能「鉄輪」18:30~19:30
    シテ 関 直美 ワキ 宝生欣哉
    笛  一噌幸弘 小鼓 大倉源次郎 大鼓 亀井広忠 太鼓 観世元伯
    後見 宝生和英 東川光夫 地謡 辰巳満二郎ほか
    ・休憩 19:30~19:50
    ・シンポジウム 「和文化の未来」19:50~21:10
    パネラー 邦楽演奏家 吉住小三代、日本画科 手塚雄二、茶道家 金澤宗維、能楽宝生流宗家 宝生和英
  • チケット 5,000円 全席自由 (港区民優待 4,500円)

チケットのお申込みは、チケットの種類と枚数を明記の上、こちらからお問合せください。

能楽 鉄輪1 関直美  能楽 鉄輪2 関直美


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>